ビジネスに失敗した話②

ビジネス

今回も「2回起業して失敗した」うめ吉おじさんの失敗談を記事にするぞ!

前回の『ビジネスに失敗した話①』はまあまあ好意的?に受け取っていただいたので、調子に乗って2回目も…元から公開する予定だったけどね!

ではいきます。

またしても田舎の地元に戻ってきて

8年ほど前、うめ吉さんはいろいろあって大阪で転職しながらトータル3年ぐらい住んでいたのですが、またしても地元に帰ることに。最後はマネジャークラスで、そこそこのお給料はあったものの、自己都合ですっぱり辞めることに。

と言っても今回は結婚する予定で帰ってきました。ええ、もちろんそれからあーだこーだあって結局結婚していません…

その後地元で就職するも、1社目の事務機営業は試用期間中にコピー機を売れなかったためクビに。パソコンなら数台売ったやんけ!未経験の業種で2か月で結果出せるかい!と思ったんですが、辞める直前に「あなたで5人目よ」と事務のお姉さんに言われ(しかも過去4人は業界経験者)、そっかー斜陽産業なんだなーと自分を慰める。

2社目の廃棄物処理営業も数か月でクビに。なんかわからんけど直の上司と一緒に切られる形になって「私がふがいないばかりに…すまん」とか言われる。全然気にしてないですよ、慣れてるんで!

その後何を血迷ったかキャバクラで黒服やって、オープニングで働く女の子も少なくて困ってたから紹介したり、地元の知り合いを客として呼んだりするなど売り上げにも貢献したつもりだったんだけど、社長とケンカしてまたしても半年ほどでクビに。そん時は、あれっなんか俺が社会不適合者なのかな?って気がしてきました。多分間違ってないですね。

もうこれ自分でなんかやった方がいいかなってことで、再び起業する決意をしたうめ吉なのでした。

ネットで商材を調べて代理店契約

まあ、いうても持続不可能だったら意味ないと思って、軌道に乗るまでは夜カラオケやさんのアルバイトをしながら、昼間に事業活動をすることにしました。途中で継続できなくなったら意味ないですからね。

 しかし、その時点では何を事業にするかは決まっておらず、ただただ「起業する」という目的だけがある状態。こんな時はとりあえずネットだろう、ということでGoogle検索で商材探し。

独立・開業関連のサポートをしているサイトや、代理店募集をしているところに登録して、「何を扱ったらいいか」研究したり、気になるビジネスは担当者に電話していろいろきいてみました。フランチャイズは興味がなく(本部である大企業の奴隷ってイメージ)、代理店は自分も所属して経験もあったし、有望な商材を引っ張ってくるノウハウはある程度大阪で磨けたので、代理店営業のほうがいいかなーと。

結局、うめ吉としては「まだ世の中に広まっていないもの」か「規制緩和でこれから広がりを見せるもの」を扱うのが良いと思ったので、「電子マネーをお店で手軽に使える端末の販売」と「電力の小売り代理店」をやってみることに。引き続き担当者と連絡を重ねて、代理店契約を結ばせてもらいました。よし、ここからだね!

いろいろと動いてみるも

営業には自信があったので、代理店用の販促ツールをもらいながらどんどん営業をかけていきました。じゃんじゃん回っていれば割と話を聞いてくれるところもあり、「上手くいくかな?」と思っいながら、どんどん見込み客を作っていきました。

しかし、一向に契約には結び付きません。見積りまではとれるんだけど。

 ここがなかなか難しいところだったんです。売るものは大手企業の商材でも、実際に売るのはうめ吉なので、「うめ吉の信用」に左右されるわけです。面白いものを持ち込んできたけど、大手企業が作ったものっていうけどコイツ自身は信用できるやつなの?って事ですね。

この感じ、田舎のほうが顕著です。けっこう都会のほう行くとある意味慣れているというか、人間同士の信頼より実利で判断する傾向があるんだけど、田舎の方が疑り深いというか、人を見るような気がします。

結局、3か月動いてみたんですが契約には1件も至りませんでした。

ビジネスの難しさを実感

そのままずっとやり続けるのも難しいかなと思い、結局廃業していまの仕事をやっています。敗因といえばまず、信用の有無もあるかもしれませんが、一番大きいのが、「新しいものを広めようとするのはかなりの時間と根気がいる」ということです。

もちろん、田舎であればあるほど、モノの良し悪し以上に人の良し悪しも見られるということもあるでしょう。ただそれ以上に、「デファクトスタンダード(事実上の標準)」を変えるのは難しい。そこに挑もうとするのなら、しかも田舎ならなおさら、時間と根気だけではなく色々な関係性も必要とされてくるでしょう。

まずは、「都会で流行っていて、そろそろ田舎にも入ってくるかな?」ぐらいのものを広めるほうがはるかに簡単だと思います。これはいいものだと思っても人に受け入れられるのはなかなか難しいものですね!

今回はここまで!うめ吉でした!

コメント