暗号通貨との出会い

暗号通貨

今回は、うめ吉が暗号通貨とどういった経緯で出会ったか、なぜ惹かれるようになったかを書きます。

みなさんは、暗号通貨(仮想通貨・暗号資産とも言いますね)にどんなイメージを持っていますか?

暗号通貨のことをよく知らないひとがだいたい最初に思い浮かべるものは「ビットコイン(Bitcoin)」でしょう。私もはじめはビットコインから暗号通貨を知りましたが、その時は「バーチャルなお金ってなんか怪しいし、コンピュータを動かしてマイニングで増やせるって何で?よくわかんないけど一時の流行りでしょ」と思っていました。詳しく知るまでは誰だって怪しいと思うに違いありません。

 むしろ何だかわからないけど儲かるなら怪しくてもなんでもいいじゃん、って考えるような人は詐欺師のいいカモになるでしょうね。疑いから入って当たり前ですし、まずは疑うぐらいの気持ちで自分なりに調べてみるべきです。

なんて言いながら、うめ吉も結局のところ、暗号通貨に飛びついたのは「儲かりそう」って思ったからなので、カモの素質充分ですね!

それでは、どうか最後までお付き合い下さい。

興味を持ったのはまとめサイトから

そう、あれは2017年の5月のゴールデンウィーク。うめ吉にとっては連勤中だったのでゴールデンでもなんでもなく、ブラックウィークだったわけですが、その中でふと気になる某巨大掲示板のまとめサイトのネタがありました。詳しいタイトルまで覚えていませんがどうやら「リップル」という暗号通貨がものすごい値上がりをしたらしいという内容でした。

「へぇーものすごく儲かった人もいるだろうな」と思いながら興味本位で調べてみると、日本国内でも取引所と呼ばれる暗号通貨が買えるところがいくつかあるってことを知りました。(その頃は取引所もそんなにメジャーではなかった)逆に名前聞いたことのあるマウントゴックスは今やってないんだな、なんて思ったり。

 いろいろ知っていくと面白くなって、暗号通貨はブロックチェーンのような最新の技術を使っているものなんだということで、ますます興味がわいてきたので、その日のうちに暗号通貨の本をインターネットで注文しました。

そして、取引所で口座開設をするのは無料だったので、それもその日のうちに手続きを済ませました。エイヤッと3カ所の口座開設手続きをしたのですが、1週間ほどして本人確認のはがきが届いたら使えるということだったので、それまで先に届くであろう本でも読んでおこうかなと。

口座開設までに読んだ本

ズバリ、大塚雄介著『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』です。

著者の大塚雄介氏はコインチェック社の元COO(最高執行責任者)であり、2018年1月に起きた暗号通貨XEM大量盗難事件の時には記者会見にも出られていました。セキュリティの甘さから大量のXEMが盗まれたことにより、保有者や世間からはかなり叩かれましたが、仕事に関してはかなり情熱的な方だそうで、創業したての1年間は会社のために無給&無休で働いたらしいですね。

今でも批判的な人は多いかもしれませんが、この『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』はとにかくわかりやすかったです。暗号通貨の入門書としてはかなりオススメです

非常に参考になった記事

一番役に立ったのは、朝山貴生氏の『誰も教えてくれないけれど、これを読めば分かるビットコインの仕組みと可能性』という記事です。

朝山貴生氏もかなり世間的に叩かれている人ですね。国内取引所「Zaif Exchange」(ザイフ)を作ったテックビューロの創業者で、良くも悪くも(あまり良く思っている人は多くないかもしれない)日本の暗号通貨・ブロックチェーン業界ではかなりの有名人です。失踪したとか国外逃亡したとかいうウワサもありますが、親交の深いホリエモン(堀江貴文氏)いわく、お元気だそうで。

ザイフも暗号通貨盗難事件によって、テックビューロを解散し、ザイフの取引所事業をフィスコ仮想通貨取引所に譲渡しましたが、朝山貴生氏はその前から分社化していたテックビューロホールディングスのほうで、ブロックチェーン製品のソフトウェア事業などを今後も展開していくようです。

その一連の流れについて、朝山氏やテックビューロの対応が良かったのかどうかはわかりませんが(大半はあまり良い評価ではなさそうですが)、朝山氏はブロックチェーン技術については造詣が深く、この記事も長いですが、一度読めば暗号通貨の基本技術を使っているビットコインの仕組みについては、ほぼ理解ができるんじゃないかと思います。ぜひ読んでみてください。

NEMに興味を抱く

暗号通貨に興味を持ったのは、まとめサイトでリップルがものすごい値上がりしたという記事を読んだからなんですが、実際に興味を持ったのはNEM(ネム)でした。なぜなら暗号通貨について調べているうちにトレスト氏の『クリプトストリーム』というブログに行きついたから。そして思わず読みはまってしまったからです。

トレスト氏は暗号通貨界隈ではNEM推しの最古参ぐらいに位置する方で、今もブログにてNEMの最新情報をお伝えされています。

NEMはプラットフォームの名称で、暗号通貨はXEM(ゼム)と呼ばれます。そして単に暗号通貨としての機能だけではなくて、ブロックチェーンプラットフォームとしてさまざまな機能を備えています。ここでいうプラットフォームとはプラットフォームコンピューティングの略で、コンピュータで作られたシステムの基礎的な部分、基盤という意味です。ブロックチェーンプラットフォームは Ethereum(イーサリアム)を筆頭にいくつか作られていますが、NEMはその中でも第三者がその機能を使ってブロックチェーンを利用する場合に比較的使いやすく作られているようだということがわかりました。

あとは日本でコミュニティが盛り上がっているということも知りました。

そんなわけで、「NEMがなんだか面白そうだ」ということで最初に買う暗号通貨として選んでみました。

暗号通貨自体は悪くない

2019年2月現在、ビットコインをはじめとする暗号通貨は全体として価格下落の局面がもう1年以上続いています。

うめ吉が暗号通貨に興味を持った2017年は確かにバブルだったのでしょう。開発面でも制度面でも未整備なところが多かったのにも関わらず、価格はどんどん高騰していきましたが、2017年の12月に最高値を記録して以来、今度はあれよあれよという間に暴落していきました。

暗号通貨の資産もみるみる溶けました。ギャー!

 でも、「暗号通貨はすべて不健全なもの」というのは違います。当時、暗号通貨を買っていた人たちの期待に、社会的な整備が追い付いていなかったのです。

それと、甘い話に群がるカモを狙っている人たちがいるのも間違いないです。単に「儲かる」という話だけでよく調べずに買えるものではありません。それは他の投資にも通じるところでしょうが、よく知らないのに、儲かるというだけで買った人がそれだけ多いということですね。

そして、暗号通貨の健全な投資案件ですらも、よく知らずに買った人が多かったのです。だから、ちゃんと前進している暗号通貨のプラットフォームからも、ごっそり資金が抜けたわけですね。わからないのに雰囲気で買ったから、わからないのに雰囲気で売ることになります。そういう素人が作った相場だと知っていたプロもまた、素人の売りに合わせて売り抜けるので、売らずに残ったのは「相場は素人だけど、技術面は本物だと思っている人」だけになってしまいました。

ただしこの場合の「健全」はあくまで詐欺のようなお金集めが目的ではなく、ビジネス面や技術面でちゃんとやっているところという意味なので、安全な投資先かどうかは別問題なんですけどね。むしろ先の見えない新興市場なので、初期に参入したところは失敗するところのほうが多いのは当たり前なので、リスクの高いものであることは間違いないでしょう。

つまりは、暗号通貨やブロックチェーンなどの技術自体が悪いのではなく、「社会的に未整備な部分が多かった」、「よく知らないのに買っている人が多かった」、「お金に群がる詐欺師がいっぱいいた」、「新興市場なのでそれなりにリスクが高かった」という事なのです。

クリプトークンエコノミー

これは億ラビットくん(@ocrybit)という方が言い始めた造語ですが、クリプト(暗号・暗号通貨)、トークン(代用貨幣)、エコノミー(経済)を組み合わせた言葉なんです。暗号通貨が作る新しい経済のことなんですけど、すでにクリプトエコノミクスやトークンエコノミーという言葉には別の定義がつけられていたので、クリプトークンエコノミーと表現したほうが意味がかぶらなくていいんじゃないかというわけです。英語だと表記は cryptoken economy になるのかな?

これは単に地域通貨みたいなニュアンスではなくて、分散型アプリケーション(dApps)を中心とした暗号通貨による新しいエコシステム(生態系)と言えるものです。これだとちょっと何言ってるかわかんないっすね。

法定通貨は国の中央銀行が作った通貨ですけど、暗号通貨は特定の企業が作ったものもあれば、有志が集まって作られたものもあります。そして、法定通貨の代用貨幣としてだけではなく、システムに組み込まれた分配方法や特定の用途があることで、法定通貨ができないことを実現することができる経済圏だと考えるといいんじゃないかと。

これにはスマートコントラクトという仕組みが使われます。かんたんに言うと自動化された契約のことです。イメージとしてはジュースの自動販売機ですね。決まったお金を入れてボタンを押すとジュースが出てきますけど、これは「お金を入れて、ボタンを押す」という行為がジュースを買う契約になるわけです。

自動車も、ガソリンを入れてエンジンをかけると動く仕組みを、「お金=ガソリン」「ボタンを押す=エンジンをかける」という感じで自動化された契約と見立てることもできます。暗号通貨を使った分散型アプリケーションを動かすためには、自動車と同じように対応する暗号通貨を燃料として入れてスマートコントラクトを実行するんです。

そして、ガソリン=暗号通貨を手に入れるのも、お金を出して買う以外に、特定の仕事をすると得られるような仕組みがあって、エコシステムのなかでぐるぐる暗号通貨が回るわけ。これを暗号通貨が作る新しい経済ってことで、クリプトークンエコノミーと呼んだらいいんじゃないのっていうことなんですね。

小さな経済圏ができるのが面白い

うめ吉は、このクリプトークンエコノミーが作り出されるところに、単なる法定通貨の代用貨幣で作られるキャッシュレス経済とはまた違った面白さを感じたんです。そしてこの法定通貨とは別の小さな経済圏は、小さいからこそより深く関わることができて、経済圏に貢献しながらほかの参加者と一緒に育てていくことができるんですね。

もちろん、投資としての側面は大きいかとは思いますが、いま暗号通貨をエンジョイしている人たちは、投資以上にいろんな面から楽しんでいる人も多いです。暗号通貨の小さな経済圏に関わることもそのうちのひとつでしょう。分散型アプリケーションそのものを作ったり、あらたな仕組みを作っていく人たちもいます。

うめ吉は投資のプロでもプログラマでもないですが、暗号通貨との出会いのおかげで世界が広がりました。決してなんでもできる万能なものではないですが、AI(人工知能)などと同じように未来が期待される技術だと思います。微力ながら暗号通貨のイメージ向上に貢献したいなーなんて考えています。

あ、そうそう、はじめは仮想通貨って呼んでたんですけど、なんかイメージ悪くなっちゃったみたいだし、国は暗号資産(クリプトアセット)という呼び方を推してますけどなんか違和感あるんで今は暗号通貨(またはクリプト)と呼んでいます。ぶっちゃけ通じればなんでもいいかなって思ってるんですけどね。

今回はここまで!うめ吉でした。

コメント

  1. 現役女子高生 より:

    大塚さんも朝山さんも批判されることは多いけど、先駆者ですよね!