デフレってなあに?

経済

前に、『インフレってなあに?』で「インフレーション(インフレ)」について学んだけれど、今回はその逆の現象、「デフレーション」について学びましょう!

そうよ、インフレの反対がデフレなら、そこまで教えないとダメよ!

あっ、本当にごめんなさい。

デフレーション(デフレ)は、モノやサービス全体の価格が持続的に下落することなんだ。

経済学的には、総供給が総需要を上回った時に、価格が調整されるために起きる現象といわれているんだよ!

デフレが起きるのは、「モノやサービスの供給が増える」、「需要側の購買意欲が下がる」、「生産コストの下落によって価格が引き下がる」、「お金の供給が減る」などのことが原因なんだ。

そんなの、インフレのまるっきり反対なんだからわたしだってわかるわよ。

えっなんですか怖い。

そんなこと言っても今回はデフレについて学ぶんだから、こういう説明になってしまうのは仕方ないじゃないですか…

だから、デフレになるとどうなるのよ。知りたいのはそこなんだから。

えっと…インフレは、「お金の価値が薄まる」イメージだってのは前に話したんだけど、デフレは反対に「お金の価値が濃くなる」と覚えたほうが良いよね!

じゃあデフレはお金の価値が上がって、いいことなのね?

いや、そういうわけではないんだ。

確かに一時的に見れば得する人はいるんだけど、社会全体でみると悪影響のほうがはるかに大きいといわれているんだよ。

なんで?お金の価値は上がるのに?

とんでもなくお金を持っている大富豪や、現金をため込んでいる大企業であれば、デフレは自分たちが持っている現金の資産価値が実質増えるんだから嬉しいと思うひともいるだろうけど、デフレは現金の価値は上がる一方で、モノの価値や人の労働の価値は下がっている状態なんだ。

そして、お金の価値が高いとみんなが思うから、お金を使わずに貯めこんでしまうんだよ。

あら、いいじゃない。わたし貯金は大好きよ。

うん、個人で見ると貯金は財産が増えて嬉しいんだろうけど、みんながみんな貯金をするようになったら、誰もモノを買わないから商売が成り立たなくなっちゃうよね?

結果的に、不動産などからある程度の生活ができるぐらいの収入を得ているようなお金持ちは、お金の価値が上がってどんどんお金を貯められるけど、たくさん貯金ができるような収入がない人たちはどんどん生活が苦しくなる。

さらに借金をしているひとなんかもっと大変だよ。

お金の価値が上がるってことは、実質借金も増えるってことになるんだからね。

それは困るわ…車や家もローンで買っちゃったもの…

デフレの時は、借金を放置して貯金をするよりも、借りているお金をとにかく繰り上げて返済するほうが得だと思うよ。

それに、デフレが進むと商売が成り立たなくなる企業も増えて、賃金を下げないといけなくなったり、従業員を解雇したり、倒産する会社も出てくるんだ。

つまり、デフレというのは「お金の価値が上がることで、人がモノやサービスをあまり消費しないようになって、経済が縮小する」状態なんだよ。

そんなの、一般庶民には全然いいことないじゃない…

そう、デフレが続けば、経済が縮小するばかりか、お金をいっぱい持っている人と持ってない人の「格差」はどんどん拡大していくんだ。

今の日本はデフレの状態なのよね?なんとかならないの?

デフレが起こる原因の一つとして、「お金の供給が減る」ということがあげられるんだけど、日本は中央銀行である日本銀行(日銀)がどんどんお金を供給しているんだよ

ただ、いろんな事情があって、インフレに転換する効果はいまのところあまり見られないみたいだね。

なんか暗い話になっちゃったけれど、デフレについての基本的な話はだいたいできたから、今日はそろそろ…

ちょっと待ってよ!なんかもやもやするわ!

うん、デフレにどう対処したほうがいいかは人によっていろいろ見解が変わったりするから、それはまた今度うめ吉おじさんの見解も含めて書くからね。

デフレはお金の価値は濃くなるけど、モノやサービスが消費されなくなるから、深刻な問題なんだよ!

では今日はこの辺で。

うめ吉でした!

コメント

  1. […] 以前、『デフレってなあに』という記事で、日本はデフレーション(デフレ)によってみんながどんどんお金を使わなくなり、経済が縮小しているということを書いたんだけど、それに対して日本政府は日本銀行(日銀)に、民間銀行が企業や個人に貸し出せるお金を増やす「金融緩和」をすることで、日本経済が回るように頑張っているんだ。 […]